ネックレスを考える

Menu

・はじめに

 

ネックレスをつける

・ネックレスを選ぶ

・ネックレス 注意点

 

ネックレスが好きな方へ

・手入れをする

・品質を見る

 

 

 

ネックレスを大切に扱う上で、手入れは欠かせません。
では、きちんとした正しい手入れの方法は知っていますか?
よく分からない方も多いと思いますので、こちらのページでは
その手入れの方法を紹介していきましょう。
きちんと手入れすることで本来の輝きを取り戻してくれます。

アクセサリー全般の注意と手入れ

ネックレスを含めたアクセサリー全般の手入れは共通点も多いので、
それらをまとめて紹介しましょう。

・着けるのは化粧が済んでから

ファンデーションや口紅などには、成分の大半が油です。
その油を最も嫌うのが琥珀やサンゴや真珠などです。
化粧が全部済んでからネックレスやピアスなどのアクセサリーを着けるようにしましょう。
化粧品がついた手で触らないように、化粧の後には手をきれいにしておくのも
忘れずに行いましょう。

・アクセサリーはキッチンに入れない

ネックレスや指輪をしたままキッチンで炊事をしていると、アクセサリーの石にひびが入ってしまうことがありませんか?
キッチンでは火を使いますので、そのせいで急激な温度の変化が石に影響してひびが
入ってしまったと考えられます。そのほかには漂白剤やジュース、酢などなど、キッチンにはアクセサリーにダメージを与えてしまうものがたくさんあります。

お気に入りのアクセサリーでいつでも身につけていたいと思いますが、大切に扱うなら、
キッチンにはできるだけ見に着けて近づかないようにした方がいいでしょう。

・着けたあとはきちんと

一日中ネックレスを身につけていると、体の汗や皮脂、外気の汚れが
たくさん付いています。外したあとは、しっかり柔らかい布なんかで
優しく拭いてあげてくだい。
汚れがまだ気になる場合は、ぬるめのお湯で簡単にすすぐといいでしょう。

また、注意したいのは、そのアクセサリーをしまうときです。ジュエリーボックスにしまう方は、たくさんのアクセサリーを一つのジュエリーボックスにしまうと、ネックレスのチェーンが
絡まってしまったり、ペンダントトップがぶつかって傷が付いてしまいます。
雑貨店などで手ごろな価格でジュエリーボックスがありますので、指輪用やネックレス用
などの専用のボックスもありますので用意してみてはいかがでしょうか?


ネックレスの保管

さきほどジュエリーボックスを紹介しましたが、ジュエリーボックスは様々なタイプのものがあります。フックにぶら下げることができるタイプは一ヶ所に何本も下げるとチェーンが
絡まってしまうことがよくあります。ペンダントトップが付いていると別の物とぶつかって傷も付いてしまいます。

そうならないように、何本も下げるのをなるべくやめて、ペンダントの部分やチャーム部分はビニールなどの小さな袋で覆っておきましょう。また、寝かせておくタイプの
ジュエリーボックスの場合は、一つの仕切りの中には一つだけを入れておくようにして、
きれいに保管しておきましょう。


貴金属の黒ずみ

貴金属の手入れでよく悩む問題がこれだと思いますが、
どうやって黒ずみを落せばいいでしょうか?

・家庭に用意されている物で落す方法
まずは一般的な家庭に用意されている物で黒ずみを落す方法から紹介しましょう。家庭に用意されているものは、歯磨き粉、ティッシュ、綿棒、爪楊枝です。
これらはほとんどの家庭にあると思います。
歯磨き粉は塩が含まれていないものを使いますので注意してください。

準備したら、歯磨き粉をティッシュに少しだけ付けて、ネックレスを磨きます。
その後にきれいなティッシュで乾拭きをして完了です。見違えるくらいきれいになります。

このとき、歯磨き粉はあまり付け過ぎないようにして、ネックレスの細かい部分などには
ティッシュだけでは磨きにくいですから綿棒や爪楊枝にティッシュを巻いて
磨くといいでしょう。最後に水で軽くすすぎます。

また、磨きすぎにも注意が必要です。
歯磨き粉に含まれている研磨剤を利用して磨きますので、あまり強くこすりすぎると
逆にネックレスにキズが付いてしまいますので気をつけましょう。

・市販の専用クリーナーを使って落す方法
次に、市販の専用クリーナーを使って落す方法を紹介します。この専用クリーナーは、
クロスタイプや液体タイプ、ペーストタイプ、ローションタイプ、半練、スプレーなどといった様々なものが用意されています。

ネックレスのチェーンの部分に付いた黒ずみを落したいなら、
液体タイプのクリーナーがオススメだと思います。
それぞれのクリーナーに特徴がありますのでそれをしっかり確認して使いましょう。

check

横浜でおすすめの永代供養墓

Last update:2017/12/7