ネックレスを考える

Menu

・はじめに

 

ネックレスをつける

・ネックレスを選ぶ

・ネックレス 注意点

 

ネックレスが好きな方へ

・手入れをする

・品質を見る

 

 

 

ネックレスに限らず、アクセサリーはしっかりした物を買おうをなると、それなりの
金額になります。そのためしっかりと品質の良い物を選ばなくてはいけません。
このページではそのネックレスの品質を見ていくページです。

貴金属のネックレス

一般的に貴金属というのはシルバー(銀)、ゴールド(金)、プラチナのことを
いっています。ずっと昔からネックレスだけじゃなく指輪などのさまざまなアクセサリーに
使われてきました。これらは宝石の留め具や地金などに使われています。

・シルバー

人類が始めて使った金属のなかで、シルバーがその一つです。柔らかくて美しい白の
光沢がシルバーの特徴で、その輝きは磨くことでプラチナよりも強く輝きます。
また、よく伸びる性質も特徴の一つで、他の金属みても、熱や電気の伝導率が最も高いという点があります。

ハワイアンジュエリー

欠点としては、ゴールドやプラチナなどと違って、化学反応を起こしやすくて
すぐに変色してしまいます。
そして、銀はその純度によって製造される方法が違います。黒ずみを抑えたいのなら、
ロジウムメッキなど、コーティングされているものを選ぶといいでしょう。
注意としては、この場合だと輝きがプラチナに近いものになってしまうことです。

・ゴールド

ゴールドの紹介です。よく宝石などの紹介で○○カラットと表記されていますが、
これは純度の単位でのことで、金の純度の単位もこのカラットが使われています。

金で純度の一番高いものは24金とされていて、表記する場合はK24となります。18金という言葉も耳にする方もいると思いますが18金には75%の金が含まれていることになります。
金はとても軟らかいもので、基本的に加工する場合は強度を他の金属と混ぜ合わせることで補います。これを「割金わりがね」といって、金を銀と割ると青みがかった金になります。銅だと赤みが強く出てきます。
ちなみに18金はイエローゴールドといわれていて、75%の金と、銀と銅が
残りの25%の半分ずつ含まれている割合です。

・プラチナ

漢字で書くと白金となります。漢字のようにプラチナは白っぽい色をしていますが、
銀の白とは違っていて、プラチナは若干黒っぽい感じの白をしているのが特徴です。

また、プラチナは溶けにくくて、かなり重い金属で、よく伸びます。
よく伸びるのは金や銀と同様ですが、さらに粘り気もあります。この特徴のおかげもあり、
引っ掛ける部分が小さくてもへたれずにしっかりと固定ができるので、たくさんの種類の
宝石などをセットしやすいので、重宝されています。
また、プラチナは酸化しにくいということも皆さんに好まれている理由の一つでは
ないでしょうか?


宝石を選ぶ

ペンダントトップが付いているネックレスはそこに目がいきますよね?
なので宝石もしっかりした物を選びたいです。

ですが宝石は実に様々な種類があって素人ではどのように選べばいいのか
よく分からないことも多いです。
宝石はその種類の多さからここで全てを紹介することはできません。
ネックレスの紹介どころではなくなってしまうので、申し訳ありません。
ある程度の条件があるなら、店員の方と相談してみるのもいいと思います。
店員はその道のプロですから、きっといいアドバイスをしてくれることでしょう。
プレゼントの場合には、その相手の好みのものを前もって確認しておくことも大事です。
値段や品質などをみて、何を購入すればいいのかというときの参考になります。


エンハンスメントの表記

宝石にはそのほとんどに鑑別書というものが付いています。エメラルドを例にしてみると、
エメラルドの鑑別書には、エンハンスメントされている恐れがあります。
というような記載がされています。

エンハンスメントとは天然の宝石の潜在的な美しさを引き出すために
人工的に処理をすることです。なるべく天然で加工されていない宝石が欲しいという方は、このエンハンスメントの表記に注目して探すようにしましょう。

エメラルドはたくさんのキズが付いている物もあり、割れてしまわないように、接着剤となるエポキシ樹脂を入れている場合があります。そのことから鑑別書にはそのような加工をしたことを表すためにエンハンスメントの記載がされるようになりました。
全てのエメラルドがそうではありませんのであしからず。

おすすめWEBサイト 5選

BuzzVideo(バズビデオ)-Viral Videos, Funny GIFs &TV shows

2018/10/23 更新